setInterval(checkIfUspIsReady, 6000); } })(); 食べてないのに痩せない!?どうしたらいいの!?減量中に食べてほしい食材5選 - 「気になったら」
スポンサーリンク

食べてないのに痩せない!?どうしたらいいの!?減量中に食べてほしい食材5選

スポンサーリンク

この記事は読者様一人一人に最適な広告を表示しています

 

健康・ダイエット

減量してるときに食べると太ってしまうと思いますよね。私も極力食べないで、運動したら痩せるんではないかと思っていました。しかし、それは全くの勘違い、食べながら減量することによって体調を崩さず効率の良い減量ができるかもしれませんよ。私は筋トレが趣味ですが、食べながらダイエットしたことによって筋肉を残しながら減量することができました。私が筋肉を残しながら減量できるおススメ食材5選を紹介します。人間食べなきゃ生きていきません。皆さんの食生活のためにもぜひ読んでください!

スポンサーリンク

第5位ブロッコリー

ブロッコリーは緑黄野菜の中でもとても栄養が豊の野菜のひとつです。ビタミンCなどの各種のビタミンやミネラルをたっぷり含んでいます。美肌作用も期待でき女性にとってはうれしい効果ですね。代謝アップにも期待できます。栄養たっぷりの茎まで食べることをおススメします。ブロッコリーの効果を2つ紹介します。

脂肪の蓄積を抑えることができる。

ブロッコリーに多く含まれる「クロム」というミネラルには、インスリンに働きかけ、糖質・たんぱく質・脂質の代謝をサポートする作用があります。

糖質などは代謝によってエネルギーとして使われるのですがエネルギーに変換されないと脂肪に蓄積されてしまいます。この「クロム」というミネラルが代謝のサポートを行うことで脂肪の蓄積が抑えることができる効果が期待されます。

便秘対策

ブロッコリーには食物繊維の含有量も多く、便秘対策に効果的です。ブロッコリーに含まれる食物繊維は不溶性(水に溶けにくい性質)で腸内の水分カサを増します。その結果、腸のぜん動運動が促されてお通じを促進するのです。

 

第4位サバ缶

サバ缶はどこのスーパーにも置いてある身近な食材でいつも常備してある家庭も多いのではないのでしょうか?それほど人気の高いサバ缶ですが、サバ缶はダイエットや美容にとても効果があるので紹介します。

良質なたんぱく質

良質なたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は体の基礎を作るために必要な栄養素で、筋力アップや美しい体型を保つのに効果があると言われています。

・EPA、DHA

EPAやDHAとは鯖のどの青魚に豊富に含まれている栄養素です。これは血液をサラサラにしてくれる働きの期待値が高く、健康保持増進に一役買ってくれる可能性が高いといわれています。

また、EPAには痩せホルモンを促してくれる効果も期待でき少量でも満足感を得ることができます。

さらに、EPAという魚特有の脂は脂肪燃焼効果もあると言われています。さらにEPAには生活習慣病の予防と改善に役立つともいわれています。

サバ缶に期待できるダイエット効果

低糖質でたんぱく質が豊富

サバ缶に豊富なたんぱく質が含まれており、筋肉に欠かせない材料で力強い体を作る役目を持っています。しかも低糖質、適度な糖質をとることによって、エネルギーを作り出してくれる糖ですが摂りすぎてしまうと脂肪として蓄積されてしまいます。その点、サバの味噌煮は低糖質なサバ缶は脂肪に変割りづらいのです。

魚油の効果が高い

イメージ

サバ缶を開けると汁がたくさん入っていますよね。この汁は(油)は油と聞くと良くないと思われがちですが、EPA・DHAが豊富に作られており、身体を丈夫に保つ栄養素がたくさん入っているのです。

骨を強くするカルシウムが豊富

ダイエットと言えば脂肪を落とすことに目が行きがちですが、骨を強くすることもダイエットにとって重要なことなんです。骨が弱くなると骨は縮んできます。肌のたるみやシワに繋がりほうれい線が現れる原因にもなりかねないのです。カルシウムを摂取したい方は骨まで食べましょう。骨は柔らかくてとても食べやすいです!せっかく丈夫な体、すきっりとした体を目指すのであれば、引き締まった体を手に入れたいですよね。私は乳製品が苦手なので、サバ缶食べるときは骨までしっかり食べます。

第3位味噌

今、流行りの味噌汁ダイエット、大豆発行食品なのでお通じの改善、代謝アップにはもってこいの食材。毎日味噌汁を飲むようにするだけで痩せ体質が期待できます。私は減量期間じゃなくてもシンプルに好きなので飲んでます。

イメージ

味噌汁の中に具材としてキノコや豆腐などさらに食物繊維、たんぱく質の量を増やしてみる見るのもよいですね!

第2位卵

イメージ

卵にはたんぱく質が豊富で毎日1個食べれるとよいですね。卵料理は色々ありますが、忙しい方には卵かけご飯よりゆで卵をおススメします。消化吸収がゆっくりですので腹持ちがよいですし、空腹時間をしのぐことができるので減量には最適です。

第1位豆腐

痩せるための栄養がたっぷりそして超カロリー。大豆製品に(大豆イソフラボン)という成分が含まれておりこの成分には脂肪を減らすという効果が期待されています。さらにたんぱく質も豊富で代謝アップに役立ち、筋肉の材料になります。たんぱく質は効率よくエネルギーを消費することができ、たんぱく質の摂取不足になると筋肉の分解が進み、代謝が落ち太りやすい体になってしますので、積極的にたんぱく質は摂るようにしましょう。

まとめ

今回の記事は減量中でも食べてほしい食材を紹介しました。以外に卵やサバ缶、豆腐スーパーで安く手に入るので積極的に食べて代謝を上げつつ、筋肉を維持して痩せるだけではなく太りずらい体を目指しましょう。いろんな情報があふれてますが、少しでも食生活の役に立てればなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました